本が友を呼び、友が本を呼ぶ。
大好きな本と大好きな仲間との出逢いの連鎖。
ココロの記録です。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
ゆるすということ―もう、過去にはとらわれない
評価:
ジェラルド・G. ジャンポルスキー
サンマーク出版
¥ 530
(2006-06)
「ゆるすということ」という本が私の手元にやってきた

このタイミングでこの本との出逢いが意味することはなんだろう

いろんなヒントが詰まった本だけど

私に残った言葉




「裁くことをやめる」




ああ、これだ

自分が体で感じてきたことが言葉として入ってきた





日常生活の中でも頻繁に自分の中で起こる葛藤

自分を正当化するための思考に支配されていた

そう、いつも




自分はこうあるべき

他人はこうあるべき

人間とはこうあるべき


この思いからはずれたときに起こる怒り・悲しみ・苦しみ




なんてひどいことをするんだろう

なんて気の利かないひとなんだろう




自分を守るために自分を正当化する答えをいつも探していた

自分を守るための思考がいつも私の顔を難しくさせていた




それに気づいたとき

他人にこうしてもらいたいと願うより

自分が動こうと思った




小さいことからはじめてみると

自分から動くって案外、楽しいことに気づいた!




また他人を裁くということは

他人を裁けるだけの自分でないといけない

だから自分自身も常に裁いてしまっていた




こんな自分でいいか

どうしてあんなことをしたのだろうか




過去に囚われていた

思いに囚われていた




裁くことをやめたとき

私にどんな変化があるのだろう
| 06:20 | 心の成長 | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
テンプレートにちょぃと苦労してるみたいやね〜。

とりあえずデフォルトに戻すのがいいかもしれん。。
| 佐藤 | 2007/05/20 12:08 |
デフォルト?
ぐぐってみました〜
もとの規定値に戻したのですが
うまくできてません
| さたろう | 2007/05/21 04:51 |
とりあえず、なんか2カラム(2列)のテンプレートにしてみるとか。
| 佐藤 | 2007/05/21 14:12 |
なおっとるや〜ん!
| 佐藤 | 2007/05/25 21:01 |
うふ!
ありがとうございます!
| さたろう | 2007/05/31 04:06 |









 
この記事のトラックバックURL

http://satarou.jugem.jp/trackback/18